ブラスト加工のご紹介と加工例

ブラスト加工

ブラスト加工とは、ブラスト材料(各種研磨材等の粒)を、圧縮空気で製品の表面に吹き付け、もしくは回転翼で連続して投射し、表面の錆・汚れの除去を行う表面処理方法です。多くの産業分野で利用されていますが、用途としては塗装・メッキ・溶射の下地処理(スケール・錆・汚れの除去)、塗装はがし、サビ落とし、粗面化、化粧仕上げ、バリ取り、ショットピーニング等があります。

ブラスト作業中
ブラスト作業中

ブラスト材料としてはスチールグリット、スチールショット、カットワイヤー、アルミナ、ガラスビーズ、珪砂等があり、当社では主としてアルミナを使用しています。実際の加工にあたっては用途に応じた適切な材料・方法を選択することが非常に重要です。
使用する材料により、サンドブラスト、ショットブラスト、アルミナブラスト、ガラスビーズブラスト(GBB処理)と呼び分けますが、サンドブラストおよびショットブラストと言う呼び方は必ずしも使用する材料を特定するものでなくブラスト加工全般をさす場合も多く、発注する場合は確認が必要です。

ブラスト技術資料 よくある質問(ブラスト編)

ブラスト加工例

▲ページの先頭へ